あの日の君は ~夕その後~
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
あの日の君は ~ハロウィン編~
またまたまたこんばんは (*´-`*)

私一人遅刻しました\(^o^)/
でも何とかかきあがりましたのでアップしますね!

これは本誌で萌え、私の大好きなアイドルグループの新曲「セクシーキャットの○○」←一応伏せました。
のMVに萌え書いたssになります。

本当は本編では夕がいなくなったのは10月初め頃ですので、ハロウィンまでいたらこうなってただろうなっていうif設定となりますのでよろしくお願いします


夕 (くノ一)
黎翔 (白陽 社長)
李順 (秘書)
浩大 (ボディーガード)
張元 (珀家相談役)



 珀家の一室では李順による夕への教育が為されていた。李順から課せられる課題を夕は難なくクリアしていき、元々の仕草も優雅だった事もあり立ち振る舞いは完璧になっていた。

「今日の所は終わりにしましょうか。後は言葉だけなんですけどね……」
「李順さんお疲れさまです」

 夕は言葉を遮るように優雅に微笑み告げると、李順は小さくため息をつく。元の時代の事を忘れていく気がして、言葉遣いだけは必要最低限の事しか覚えようとしなかった。

「では、私は仕事に戻りますので貴女はどうぞご自由に」

 忙しそうに出て行く李順をただ見つめ、ドアが閉められた事を確認してため息をつく。夕は懐から青慎の髪の入った壊紙を取り出すと大事そうにそっと握った。

「青慎元気にしてるかしら」

 夕はいつもの様に青慎に思いを馳せる。だが最近ではそれも変化が訪れ、度々黎翔の顔が浮かぶようになっていた。
 初めて会った頃は上辺だけの笑顔、優しさが見て取れたが、最近の黎翔は時折自然な笑顔を見せるようになっており、以前とのギャップに夕は時にトキメキを覚える。

「お世話になってる黎翔さんの為にも頑張らないと……」

 ボソリと一人呟くと突然ドアが勢いよく開かれた。視線を向けるとそこには張元が立っていて、興奮気味に声を張り上げ傍に寄ってくる。

「くノ一娘よ。よく言った! 主の為にという事ならばいい話があるぞ」
「何? どうすればいいの?」
「それはな……」

 突然入って来た張元に、夕は驚く事もなく冷静に問いかける。
 張元はニヤリと笑うと辺りを見回し、声をひそめボソボソと夕に説明を始めた。


 ハロウィンの夜。街にはコスプレした若者が溢れかえっており、黎翔は自宅へと向かう車の中でそれを眺め呆れ果てていた。

「今はあんなのが流行なのか? あんな格好で街を練り歩いて何が楽しいんだろうな」
「若者の間では流行ってるみたいですね。若い時だけじゃないですか? 楽しいのは」

 黎翔は玄関の前に止まった車から降りると、そこには張元だけが立っており、いつも出迎えに来る夕の姿はない。

「主よ、すぐにあの娘の部屋に向かってくだされ」
「何だ? 夕に何かあったのか?」

 意味深な顔の張元に、黎翔は心配になり部屋に向かって駆け出した。

「夕っ!!」

 ノックもせず勢いよくドアを開けると、そこにはノースリーブのファー付ワンピースに猫耳、尻尾、肉球付グローブをはめた夕がしゃがみこんでいた。

「その格好はどうしたんだ」
「にゃん?」

 夕は不思議そうに小首をかしげる。セクシーさと可愛さを併せ持つ夕に黎翔は動揺し、一旦落ち着こうとソファーに腰掛けた。すると夕は黎翔の膝に乗り、胸に顔をうずめるとスリスリと擦り寄る。
 その姿を見ていると押し倒してしまいそうで、直視できない黎翔は視線を天井に向けると一人納得したように呟いた。

「今日はハロウィンだからか」

 どうせこんな事を夕に吹き込んだのは張元だろうと思い、どうしてやろうかと考えているとふと視線を感じる。視界の端に黎翔を見つめる夕の姿がぼんやりと映っていた。
 今視線を合わせると理性が飛びそうで、黎翔は決して視線を合わせようとはしなかった。
 すると突然頬にふわふわの毛の感触があり、思わず夕に視線を向ける。やっと視線を向けた黎翔に夕は嬉しそうに微笑むと、次の瞬間には夕は柔らかいソファーに押し倒され真上には黎翔の顔があった。そして黎翔は問いかける。

「Trick or Treat」

 少し驚いた表情の夕は黎翔からその言葉を聞くと、ほっとした表情を見せ黎翔の頬をぺろりと舐める。
 その瞬間、黎翔は獲物に飛びかかる飢えた狼のような衝動に駆られ、夕の唇を塞いだ。最初は抵抗を見せた夕をしっかりと抱き込むと、隙間から舌を差し込み絡ませる。段々と夕の体から力が抜けていき、最後には全く抵抗を感じなくなった。
↓に続きます。

ここから先は二つ用意していますので、最初に思いついたノーマルバージョンはこのままお進みください。
折角のif話だからと書いた鍵付は↓へどうぞ (*´-`*)
              もう一つのif話

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

あの日の君は 後編
こんばんは~ (*´-`*)
また遅くなりましたがとりあえずアップに来ました!
とりあえず前中後編で終わらせるために、途中結構飛ばしてしまいました。

また後日番外編でもう少し書きたいなと思ってます。

でもその前にリクを書きますので、遅くなると思います(^_^;)


設定

現代パラレルって書いてたけどこれってファンタジーってやつ?って最近思いました(^_^;)

夕 (くノ一)
黎翔 (白陽 社長)
李順 (秘書)
浩大 (ボディーガード)
克右(ボディーガード)
張元 (珀家相談役)
氾 史晴 (黒優 社長)
紅珠 (史晴の自慢の娘)
顎 (ボディーガード)

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

あの日の君は 中編
こんばんは~ (*´-`*)
やっと続きが書けたのでアップに来ました!最近書くのに時間がかかって(´・ω・`;)

そしてちょっとSNSの方のキリリクあんまりお待たせしないよう、そちらに取り掛かろうと思いますので後編はちょっと更新遅くなると思います。

※今回は名無しのオリキャラが出ます

設定

現代パラレル

夕 (くノ一)
黎翔 (現代の社長)
李順 (秘書)
浩大 (ボディーガード)
克右(ボディーガード)
張元 (珀家相談役)

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

あの日の君は 前編
こんにちは (*´-`*)

今日はくノ一夕鈴ネタを持ってきました!ちょっと一部ですがネタ被りがあるなって思ってここにアップします(´・ω・`;)
そろそろ放置中の連載を書こうと思ってるんですが、先に妄想の止まらなかったくノ一設定を書いたら思ったよりも長くなりそうで><

一応前後編か前中後編位で終わりたいなと前編にしました。

設定がごちゃごちゃするかもしれませんがよろしければどうぞ~


設定

現代パラレル

夕 (くノ一)
黎翔 (現代の社長)
李順 (秘書)
浩大 (ボディーガード)
張元 (珀家相談役)





テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

 


カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示